介護における支援制度

人間は誰もが年を取ります。



年の重ね方は人それぞれですが、誰もがみんな間違いなく加齢により、体力や、認知症の症状が出てくるなどこれまで出来ていたことができなくなる日がやってきます。
また、自分自身ではなくても、自分の親もまた年を取ります。

毎日新聞についてお答えします。

日本は世界的に見ても高齢者が急激な勢いで増えていきます。
これまでは年老いた親の面倒は子供が見るべきだという意識が強いものでしたが、高齢社会においては家族だけで抱え込むことが現実的ではありません。
積極的に既存の介護支援サービスを利用していくべきでしょう。
例えば、これまでは在宅介護が一般的でしたが、施設介護のサービスの利用も増えてきました。



在宅ですと、住み慣れた家で、家族や親しい友達と一緒に時間を過ごすことが出来ますので、ストレスは少ないかもしれません。
しかし、支援する家族にとっては、自分の時間が取れないという不満がたまったり、本人がリハビリなどが必要な場合は施設に行って専門家の支持に従ってリハビリをしたほうが健康寿命を延ばすことにもつながります。

また、介護をしている家族自身も高齢化していますので、入浴支援をしているときにけがをさせてしまうなどの危険性もあります。
そういった避けられるリスクに関しては積極的に支援サービスを利用したほうが賢明でしょう。
また、サービスを利用せずにずっと家に引きこもっているよりも外に出て人に会うほうが本人にとってのリフレッシュにつながります。